ラボモ 成分

成分の詳細をまとめました

アートネイチャーが開発した、進化形スカルプシャンプーが、ラボモ スカルプアロマシャンプーです。

 

泡立ちが良く、指通りが良く、ふんわり仕上がり、かつ、抜け毛予防もしてくれるオールマイティなシャンプーですが、その知られざる成分について調べてみました。

 

日本初の三相乳化技術

 

三相乳化技術によって界面活性剤を使用せずに、乳化安定を実現し、頭皮の負担を減らしています。

 

正し、シャンプーは乳化安定に界面活性剤不使用ですが、洗う、仕上げるなどのヘアケアには、界面活性剤は使っています。

 

乳化とは聞きなれない言葉ですが、簡単に説明すると・・・

 

一般的なシャンプーの工程では、水と油のようにどうしても混ざらないものを、無理に混ぜ合わせる工程があり、それを乳化といいます。

 

また、ラボモには三相乳化球状ラメラが含まれていて、頭皮になじみ、角質層まで浸透します。

 

そのため、ラボモのコンディショナーは、洗い流しても髪にとどまりやすく、独立した球状ラメラは吸着しやすいため、内部の浸透の手助けをします。

 

全シリーズに配合されてきた、天然由来の美容保湿成分はもちろんのこと、保湿成分としてカンカエキスが配合されています。

 

カンカエキスとは、タクラマカン砂漠の過酷な環境の中で育つ植物です。

 

そのカンカは自らの成長のために、湿度を効率的に保つ機能があります。

 

この成分を配合しているため、皮脂をしっかり洗浄しながら、高い保湿を実現しています。

 

有効成分としてグリチルリチンジカリウムが配合されています。

 

そして、ノンシリコン配合ですが・・・

 

最近、CMなどでも、ノンシリコンシャンプーという言葉をよく聞きますが、ノンシリコンシャンプーとは何?

 

言葉通りシリコンが入っていなシャンプーのことです。

 

シャンプーの成分に

 

ジメチコン
シクロメチコン
シロキ
シリカ
メチコン

 

というものが入っていないのが、ノンシリコンです。

 

ノンシリコンシャンプーのメリットをここで挙げておきますね。

 

・洗い上がりが軽やか
・サラサラヘアになる
・髪がぺったんこになりにくい
・自然派コスメ好きな方には安心感がある

 

これらの成分がうまくミックスされて、今のラボモ スカルプアロマは誕生し、様々な方々から必要とされています。

 

⇒ラボモの公式サイトはこちら

関連ページ

ラボモの育毛剤を使っているならシャンプー選びも大切!
ラボモの育毛剤を使っている人必見!ラボモの育毛剤を使うならトータルケアがおすすめな理由を紹介しています!
シャンプーとして何が人気なのか?
ラボモのシャンプーとは本当のところどんな感じ?ラボモのシャンプーの人気の秘密はこれです!
リピーターはどんな評価をしているのか?
実際、ラボモの評価はどんな感じ?ラボモをリピートしている方の評価を集めてみました。
愛用者の口コミ情報
ラボモ使用者の本音の口コミ。口コミから分かるラボモの長所と短所をご紹介します。